FC2ブログ

グロッシーボックス11月 パート2

昨日の続きのグロッシーボックス11月号

ちなみにグロッシーボックスは
月々一定金額で、いろんなメーカーのコスメが試せます。
好奇心旺盛な女の子におすすめですね


じゃーん、これは美容クリーム
NAOBAY モイスチュアライジングクリーム
美容クリーム
メイク前に使用すると化粧ノリがよくなるとのこと
オーガニックコスメですね。肌に優しい処方でエイジングケアしていくとのこと。
使い勝手はとてもいいです

次に石鹸です。柑橘系の匂い。
Sensatia botanicals seaweed & bali lime
石鹸

ライムのいい匂いです
無添加天然植物オイル使用、高級リゾートでも使われているんだとか、微アルカリ性とのこと。


カルトゥージアメディテラネオ オードトワレ
香水
イタリアカプリ島のフレグランス。
修道院の意味で、古文書から見つかった不思議な香りの話を元に作られた香水。
ローマ法王の許しを得ているそう。
天然原料の御使い、完全な限定販売なんだとか。2002年まではイタリア国内でも流通していなかったのだとか。

こちらも柑橘系で素敵な香りでした

NAOBAYはスペインだし、最後の香水はイタリアなど家にいながらして、世界中のコスメを使えるのはグロッシーボックスの利点ですね



いかがでしたかー
コスメのセットはワクワクしますね!
来月はどんなボックスを買おうかな。








美容・ビューティー ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : コスメ - ジャンル : ファッション・ブランド

グロッシーボックス11月

ついに到着
ふーーーよかった

テンションが上がって、写真を撮った結果、画像だらけになったため、明日と今日で紹介していこうと思います

さっそく開封したので、見てみましょう


まず、箱。
じゃじゃーん!
ボックス

この黒とピンクの色のバランスって鉄板ですよね。
かわいい

今回のテーマは魔法をかけて
透き通った夜の空気に、輝くイルミネーション。街全体がきらめくような、ロマンチックな季節の到来です。
パーティーでもお部屋でも、特別な時間を過ごすならメイクアップで肌には光を、神谷首筋にはお気に入りの香りをまとって

ということで、今回はツヤめく肌とフレグランスが注目アイテムですね

あけてみると…
ボックス中身

何やら充実している模様。
ワクワクしますね

次にアイテムごとに見ていきます。
24h潤うスムース肌 SAKE-Bitotic Body Milk
 fresca
ボディクリーム
ピンクでとてもかわいい容器に入っていました。初めて知ったブランドですが、ほかのアイテムもピンクで統一されていて、女子力が上がりそうなブランドだなと思いました(理系女子は普段、女子力からだいぶ遠い位置にあるので、これは要チェックですね!)


次は美味しそうな匂いのする香りジューシーリップグロス 
アイエムケイ
 made in korea
グロス
この会社のプチプラシートパックにはお世話になっています。
唇専用美容液効果で、唇もプルプルに
普段韓国コスメはなかなか手を出さないので、手軽に試せるアイテムだと嬉しいですね。
一度は韓国でコスメ買いをしに行ってみたい。

明日は残りのアイテムを紹介します
お楽しみに!


美容・ビューティー ブログランキングへ

テーマ : コスメ - ジャンル : ファッション・ブランド

ピュアイオンミスト byピュア肌美人


株式会社ラクピュアさんから化粧ノリUPの秘密アイテム『ピュアイオンミスト』が届きました

@コスメでベストコスメ大賞2012に選ばれたそうですね。ちなみに化粧水部門です。


シンプルな外見ですね。
乾燥肌の私のお助けアイテムとなるのか!?

さっそく実験開始。

左がイオンミスト、右が単なる精製水(水)です。
肌には水をはじく機能があるので、普通はまぁ、馴染みませんね…
イオンミストなかなかやるねぇ。


今回の目的はベースメークに馴染みがよいイオンミストを試してみてということなので…
まずBBクリームを同じ量のせます。

のばしてみると…


上がイオンミストで下が単なるBBクリームです。3回なでたのですが、確かにのびがいいですね。すいすいーとのびる感じ。
BBクリームはぐっぐっと止まるんですよね、重たいつけ心地なので。
最後は保湿クリームで挑戦。

もう言わなくてもわかりますね、上がイオンミスト、下がクリームのみです。
確かに、油との相性はばっちりでした。冬になるにつれクリームは必須なんですが、乾燥肌は肌にクリームを伸ばすの結構大変なんです。

いただいたサンプルで一週間自分のベースメイクに+して試してみます。
乾燥肌の救世主になるか否か。


化粧品の実験ってけっこう楽しかった



ピュア肌美人ファンサイト参加中

肌のハリって…

今日は科学よりです
あなたが思う理想の肌って、どんな肌ですか?

色が白くて、透明感があって、シワもなくて、シミもなくて、ハリがある肌?
さて、今日注目するのはこのハリですが、具体的にどういうことをいうんでしょう。

弾力?

昔のハリへのアプローチは触れた感触が大事でした。ぷるるんとした肌ですね

そのために真皮(こないだの構造でいう一番奥)でコラーゲンを作らせたり、ヒアルロン酸を作るよう促すのが大切でした。

ところが、エステが得意なある化粧品会社は、赤ちゃんと老人の肌では触らなくてもハリがあるかないかは気づく、これは見た目もハリと関係があるのではと気づきました。

いわゆる、視覚的ハリ!(たぶん、商品化されているので聞いたことある人もいるかも?)

角層(肌の構造で一番手前、スポンジみたいなやつ)の水分量とTEWL経表皮水分蒸発量を視覚的ハリと触覚的ハリで調べました。

すると角層水分が増えると、視覚的なハリは増加しました。触覚的には変化なし。
つまり、見た目のハリは角層にどれだけ水分を蓄えられるかで、触るとわかるハリは従来の方法が望ましいということですね。

どうもお肌にハリが…ないという方
あなたが欲しいのは、見た目が若い肌?それとも感触がしっとりした肌?
ハリを制する道は一本にあらず。



化粧品の高級感

化粧品には、10万円もする超高級化粧品から数百円で買えるプチプラ化粧品まで幅広いラインナップがありますね音譜

人は高級な化粧品に何を求めてるんでしょうか。

ある実験では、ハイブランドとプチプラを比べてわかったことに次のようなことがあります。

ハイブランドは匂いとのびのよさ
プチプラは清涼感と潤いの持続だったとか。

これは化粧水の調査だったので、他のアイテムはわかりませんが。

私ならハイブランドのアイシャドーは色持ちの良さと発色のよさ、上品さを求めますね。

みなさんは、何を求めていつもより高い化粧品にトライしてますか?

求めてた化粧品に出会えると、使うたびにワクワクしますね。
最近はあまり出会えないのですがあせる
またデパートに繰り出さないと!

ヒアルロン酸 2

さて、昨日はヒアルロン酸についてさらっと書きました
成分分かって買ってますか?
なんて質問しましたが、私も自信はありません(えっ
だから、このブログを通じていろんなこと学んでいこうと思います
ひとりでも読者さんがいてくれたら嬉しいですね
いつも見てくれる方、ありがとうございます

それでは、ヒアルロン酸ですが、正式にはグルコサミノグリカンの一種です。
こないだ書いた肌の構造でいうと表皮と真皮に存在しています。

このヒアルロン酸一つではないんです。次の二つがヒアルロン酸を構成するアミノ単糖として知られています。
まずD-グルコサミン(GlcN)
軟骨細胞を再生し、美肌効果があることが知られています。
つぎにN-アセチル-D-グルコサミン(GlcNAc)
ヒアルロン酸の合成を促す効果と炎症を抑える作用が見つかりました。

化粧品としては上の2つが研究されています。
最近でも、上の2つに疎水基を導入し誘導体を作ったみたいですね。
ただ、毒性があると化粧品としては使えないので、カネボウの白斑じゃないけど、きっちり研究をした上で応用して欲しいですね。

化粧品会社はイメージが大事ですから、失敗は許されません。
シビアな世界です…

ヒアルロン酸

今日は成分についてお勉強しましょう
最近は、コラーゲン、ヒアルロン酸、レチノール、アルブチン、ビタミンC誘導体、セラミドなどさまざまな美容成分が世の中に溢れていますね。

みなさんひとつひとつどんな役割があるのか、わかって商品を購入していますか?
これが入ってればいいやなんて安易に決めてませんか。

今日はヒアルロン酸に注目してみますね。
この成分はもともと目薬として配合されていました。

なぜ化粧品に使われるまで時間がかかったんでしょうか。
答えはたくさんの量を確保することが難しかったからです。工場の生産面でのデメリットでしたね。
今では安価に大量生産する仕組みが研究されました。

ヒアルロン酸はもともと人の体に広く分布していて、たくさんの水分を蓄える性質があります。
実にその量、数百倍(ちなみにコラーゲンはお肌のハリや弾力ですね)
保湿成分の中でも、環境の湿度変化に左右されないという優秀な子です。

ただ、分子量が大きいので皮膚の深部にはなかなか吸収されないのです…
表皮に膜を作ってしまい、保湿機能を発揮できないという欠点もありました。

これを世の技術者たちは、グリセリンなど他の保湿材ヒアルロン酸を組み合わせることで相乗効果がでることを発見しました。

ヒアルロン酸は、水を蓄える成分で、そのものだけでは効果がない。
グリセリンなどの保湿材と併用することが望ましい。

ということですね。ヒアルロン酸を単体で買っている方は、そのままでは効果がないので、必ず何か他の製品に加えるのがよさそうです。

見た目と寿命 つづき

さて、昨日のつづきです。
NMFってなんぞや?
成分としては、アミノ酸が約4割、ピロリドンカルボン酸(P.C.A)と乳酸が1.2割、尿素が0.7割です。あとは20くらいの物質が含まれます。
肌の水分を蓄える
外にある水分を吸収する
肌の水分が乾燥しないようにする

水分を守ってくれる力強いやつですね。

次に脂質
成分はスクワレン、ワックスエステル、セラミド、コレステロール、コレステロールエステルなどなどです。あら、化粧品でよくみる子達がいますね。
皮膚の表面に広がり、水が蒸発するのを防ぐ
細胞間脂質は角層の保湿に役立つ

多すぎるにきびになり、少なすぎる肌がかさかさです。
難しいですねー厄介です。


「その脂質と水分を化粧品で物理的にうまくも補えば、NMFは生産されるんでしょ?
そして紫外線カットを行うと。(特に6月)」

そのとおりですね。あとは何をしたらいいんでしょうか。



答えはストレスをためず、リラックス
ストレスを受け取らない前向きさとマッサージやアロマには老化防止の効果があるとか。
前向きな人は綺麗な肌なんでしょうか、今度チェックしてみよう
(知的好奇心の探求


見た目と寿命

最近の研究で、見た目と寿命には相関関係があることがわかりました。
美肌で精神も肉体的にも健やかなんていいとこどりすぎでは

そこで今日は肌の恒常性についてちょっと詳しく書きます。
以前肌のホメオスタシスについて説明しました。
肌の構造は、

角層
表皮
真皮

と分かれていますが、この最上層である角層では、10~20%の水分を含んでいます。
この角層のおかげで体の6~8割の水分(血液やリンパ液、体液を含む)が守られているのだとか。
ちなみに10%以下になると皮膚はかさかさになりヒビが入ります。
やけどで角層の3分の2以上が衝撃を受けると生命の危機です
体内の水分を守れなくなり、脱水症状が起きてしまうからです。

じゃあその角層の水分は誰が守っているの?
それは自然保湿因子と呼ばれるNMF:natural moisturizing factor脂質です。

つまり、水分・脂質・NMF
この3点のバランスが大事なんですね。
つややかなみずみずしい肌になるためには。

赤ちゃんの肌がぷるぷるなのは、お母さんのお腹の水の中にいたからかもしれません。
3ヶ月になるとすでに90%となります。
20歳になると75%
70歳では60%になってしまうとか。
若いって、水分があることと同義ですね。日々、乾燥との戦いでもあるのかな。


化粧水の役割は水分をきちんと肌に入れることで、そのあとの美容液や乳液、クリームで脂質を補ってあげればいいんですね。肌にバリア機能があってもできることはまだまだたくさんあります

明日は、NMFと脂質について考えてみますつづく

プチプラ! 美容液

今日は、最近購入したかわいいサイズの美容液を紹介します
お試しサイズなんですが、通常サイズはもう少し大きいです。

じゃじゃーん


ヨルモア ゴールドコンセントレートエッセンス102

10mlで800円でした50mlは3150円なんですね。
ちょっと使ってみたいな、というときサイズが大きすぎるんですよね、大抵は。


コンセプトを見てみます
ようこそ、夜の美肌時間へ。
寝ながらできるハリ・弾力エイジングケア、睡眠美容アイテム新登場。
肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~深夜2時は、肌の生まれ変わりが最も活発になる時間です。
ヨルモアは寝ている間に、その日溜まった肌の疲れやダメージを捨てながら、新しい肌を育てる力をサポートします。20種類の美容成分を配合した濃密な一滴で、疲れも睡眠不足も感じさせない、ふっくらピンッと明るい透明肌へ導きます。

とのこと。ふむふむ、夜用の美容液ですね。

使ってみた感想は、お肌もちもち残念なのは、これを使ってしまうと他の美容液が入らないところ。疲れてもう何もしたくない、お風呂のあとさっさと寝たい。

そんな日には化粧水の後これだけあればいいかもしれないですね。

雑誌で発見して、値段がお手ごろすぎる美容液に心奪われました。
ずーっと探してたのですが、最近やっとお店に並んでましたふふふー♪

たまには、私の偏見による私のためのコスメ紹介をしますね完全な自己満足では!?というツッコミは受け付けません
大切なのは、自分の肌に合うことですから、みなさんも自分の目と肌を使ってベストコスメ探してくださいね

キールズの美容液も相変わらずいい働きをしてくれますが、肌って慣れちゃうんですよね…
たまに他の商品も使って効果を維持しないとなと思っています。

IKKOさんも自分の肌の様子に合わせて変えていらっしゃいましたね、美人の道は険しいなあ。